デザイナー歴15年、8歳・6歳・2歳 3人のママ3mamam です!

 

今年の年末は箱根に2泊3日。

箱根ユネッサンを訪問したのは12月29日

年末年始は空いているという記事を夫が見たと聞いていたけれど

決して空いているとは言えない状況だった。

 

入場した時間帯(オープン30分後くらい)でこれくらい↓

年末の箱根ユネッサン

 

その後どんどん混んで来て

お昼前にはこの大きなスパ内は

人を避けながら進むような状況。

お昼は探せばすぐに席を確保出来る程度。

 

箱根ユネッサン入場からロッカールーム

 

受付

オープン10分後くらいに入るとすでに列が出来ていた。

グループの代表者が列に並ぶ。

 

夫がチェケット購入の列に並んでいる間

私は子どもたちとしゃしんを撮ったり

周りのゲームを子どもたちが散策するのを見守ったっり。

 

約15分後、ロッカーキーをゲット

この腕に付けるロッカーキーで

お昼代やレンタル代を精算出来る。

 

ロッカー

受付でもらった番号のロッカーを使う。

靴・コートを子どもたちの分も入れるとパンパンだったけど

問題なし。

 

ロッカー内は広く

着替えるに当たっって

周りの人に気をつかう必要も無いくらい

ゆとりがあった。

 

ロッカーがいっぱいになるくらい

混んでる時はスパ内どんなになっちゃうんだろう。

 

ユネッサンの持ち物

  1. 浮き具
  2. 水遊び用オムツ
  3. ビニールバッグ
  4. 携帯防水ポーチ
  5. ゴーグル

浮き具

今回、年末でバタバタしてしまい

きちんと下調べもせずに行ってしまったものだから

私は失敗してしまったけれど・・・

泳げない小さな子のために

両腕のヘルパーや浮き輪は必需品だよ。

 

小さな子が遊べる浅いスパもあるけれど

外への出入り口が近いため

出入りがあるたびに大人は寒い。

 

だから浮き輪をして1番大きなスパに一緒に入る方が大人もリラックス出来る。

 

私は2歳末っ子の浮き具を忘れてしまったため

ずっと支えていることになってしまった。

 

忘れてしまってどうしても必要な時は売店でも買えるけどね。

家にもたくさんあるしなーと今回は買いきれず。

こういうところで買うと割高だしね。

 

水遊び用オムツ

オムツが取れていない子は着用が必要。

オムツ取れて無い子も一緒に遊べるって

子どもが複数いると助かるよね!

 

ビニールバッグ

スパ内に持ち込んで

タオルや水遊びオムツの予備などを入れるために使う。

 

スパの周りの壁に

バッグを掛けるためのフックが

たくさんあるよ。

 

ゴーグル

これは小学生の子供たち用。

プールのように潜ったりするなら持っていく必要あり。

帽子は着用の義務無し。

 

レンタル・もらえる物

 

バスタオル

タオルは1枚100円で借りられる。

荷物が少ない方が楽な子連れママは

借りるのがオススメ。

 

ビニール袋

濡れた水着を入れるための袋は

ロッカーにあったよ。

ビニールを忘れても大丈夫。

 

ドライヤー

数は少ないけれど

ロッカーに常備されていたから借りられるよ。

 

お昼ご飯

施設内に1ヶ所レストラン?

フードコートみたいなところがあるよ。

 

メニューは

お子さまカレー

大人のカレー

ラーメン

オムレツ

など。

 

価格帯は900円くらい。

ソフトクリームやクレープもあったかな。

 

オーダーするカウンターの周りに

水着のまま座れるテーブルセットが置かれていて

座席を確保するシステム。

 

年末12月29日のこの日は

待たなくても座席確保出来るくらいの

混雑状況だったよ。

 

食べ物の持ち込みは禁止だから

スパ入場後に食べるなら

ここで買う以外の選択肢は無し。

 

服装

ママ達女性は

ほとんど袖があるラッシュガード姿。

 

黒の長袖が多かった。

ユネッサンのホームページにあるような

ビキニの人はカップルの女の子だけ。

 

室内で日射しが無いからもう少し

肌を出した水着もいるかなと思ったけれど

やっぱりママ達は露出控えめだよね。

 

私は今回購入したこの半袖水着が大活躍だった。

安いからどうかなーと思ったけれど

想像以上に良かったよ。

ワンピース水着 レディース 体型カバー ママ水着 30代 40代 50代 60代 ミセス タンキニ ビキニ オールインワン 一体型 半袖 

 

小学生の遊び方

  1. スライダー
  2. 大きなスパ
  3. 各種お風呂
  4. ドクターフィッシュ

スライダー

真冬だけど外の開放されていることに

下調べ無しで行った母はびっくりよ。

風邪ひかなかったから良かった!

3本のスライダー。

 

1年生と2年生の2人は大喜び。

何度滑ったことか。

 

スライダーを滑り降りたところに

小さなジャグジーがあって

待っている親は寒すぎてそのジャグジーに入らずにはいられない状況。

ジャグジー芋洗い状態(笑)

混んでる日は入れないだろうな。

 

外のお湯の温度があまり高く無いから

やっぱり外は寒すぎた。

 

大きなスパ

入場して1番最初にあるメインの大きなスパ。

湯気がモクモク。

 

ここで小学生たちは

ゴーグルをしてもぐったり

プールのように泳いでいて

プールより温度が高いから

ほっぺが真っ赤になってたよ。

 

各種お風呂

  • バラ風呂
  • 酒風呂
  • 緑茶風呂

は比較的小さいから

他に2組くらい入っていると

(特にそれがカップルだったりすると)

子ども連れて入りにくい。

 

  • コーヒー風呂
  • ワイン風呂は

ちょっとしたプールくらいのサイズ感。

 

コーヒー風呂では

コーヒー撒き散らしイベントのタイミングに合って

1年生の娘は

「コーヒーちょうだい!」

と張り切って叫んでいたよ。

 

ドクターフィッシュ

午前・午後の決まった時間に開くドクターフィッシュ。

1回5ふんで最大6組位ずつ入るから

列の長さから想像するよりも結構並ぶよ。

 

開始早々から並ぶより

閉まる時間ギリギリに行った方が

時間節約になりそう。

 

足を入れるとすごくくすぐったくて

子どもたちも大興奮。

 

どうしてもドクターフィッシュが

大人の足をメインで食べるから

最後は大人は足を水から抜いて

子どもだけの時間も作ってくれる。

 

カメラマン写真を撮ってくれて

購入するなら1,300円だよ。

 

2歳児の遊び方

深さ30cmくらいの

子どもスペースにまずは大喜び。

ワニさん歩きをしたり

船のオブジェから出てくる水に

はしゃいでいたよ。

 

外に出る扉が子どものスペースに近くて

ひっきりなしに出入りする人達が閉めてくれないから

見守る大人は寒い。

 

外には小さな子どもの滑り台があって

タルから水がジャバーンと落とされたり

楽しいのだけどとにかく寒い。

 

ぬるくて浅いから外で大人が見守るのが

寒さで困難。

やっぱり小さな子どもは浮き具を忘れずに

大きなスパに一緒に入るのが1番良いよ。

 

箱根ユネッサンまとめ

お昼頃に向けてどんどん混んでくるから

入場はオープン同時が良い。

小さな子どもの浮き具を忘れずに。

バスタオルは借りられる。

服装は露出度低め。

 

外でもっと遊べる季節だったら

もっと長くいられたと思う。

小学校2年生、1年生、2歳の3人は

10時半入場で13時には出たよ。

 

もっと夕方まで遊ぶかなと予想して行ったのだけど

思ったより短かったな。

 

3人のママの年末箱根ユネッサン訪問レポ

また追加するね。

 

【まかせて!BOCCO】